2010年03月26日

村長からのメール

3/26(金)    本日、急遽プレゼン3発目(のプレ訪問)


台東デザイナーズビレッジの鈴木村長より、JAPAN-FPOのメーリングで
送られてきた内容を紹介します。


経産省、コレクション事業への支援を終了

 経済産業省は23日、「今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会」(座長:下村彬一日本繊維産業連盟会長)の最終報告を行った。今後の進むべき方向性として、内需から外需へのシフトを鮮明とし、欧米に加え、成長著しいアジア市場をターゲットとすることを盛り込んだ。一方、経済産業省による支援では、連携・統合、トップランナーの強化を政策の軸に盛り込むことも明言。官による繊維・ファッション政策は大きな転換を迎えることになる。

 報告書は、@世界的に繊維・ファッション産業が大きく拡大する見通しであり、特にアジア市場の成長が著しいこと、A日本が世界トップレベルの技術と感性を持つこと――などを指摘、課題の克服により、「繊維・ファッション産業が日本を変えるほどのポテンシャルがある」(経済産業省製造産業局・間宮淑夫繊維課長)と、今だ大きな発展の可能性を持つことを指摘した。

 こうした認識の上で、内需から外需へのシフト、個別から連携・統合など、大枠では成長戦略にフォーカスし、進むべき方向としてトップランナー分野の維持・強化などを盛り込んだ。ファッション政策については、「原則当初予定通り、23年度より民間による自立的な運営を図る」とし、支援の打ち切りを示唆、スタンスは「生活文化関連産業として、産業を超えた連携・発信に対して関係省庁サポートを行う」へとシフトした。一方で、産地との連携強化やファッションビジネス人材の育成、プロデューサー・コーディネート機能の強化を打ち出した。

(日本繊維新聞より)



現在開催中の[東京コレクション・ウィーク]の実情

そしてこれから下される評価

我がJAPAN-FPOが行う海外進出事業の意義


大きな転換期です。


ラベル:経産省
posted by ミズミズ at 02:01| Comment(0) | JAPAN-FPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。