2010年10月24日

札の辻近くの史跡を訪ねる...

10/24(日)    銀杏並木へGO!


ほぼ毎日のように走る第一京浜(国道15号)の札の辻近くに、
前から気になっている場所があります。

(其処の場所は以前...)

都イン東京ホテルと、とある大手企業の社員住宅が建っていました。
解体整備され、今では三田ツインビルなる高層の建物が建設されました。


(今から約20年前...)

R在籍時、その隣りのマンションに[三田クラブ]と称された
Rマン達の集う一室がありまして、其処によく出入りをしていました。

其処は、夜な夜な不思議な現象が起こったのです。。。

ある者は「室内に干していた洗濯物が、突然クルクル回り出した!
またある者は「白装束の人が通った!」と、怪奇現象を幾度となく
目撃していたのでした。

幸い霊感の全くない私は、何も見るコトはありませんでしたが、
これは絶対に何かがある」と、ある日の夕方にホテルの裏を探索したのです。

ホテルの裏手はすぐに高台となっているのですが、その間は鬱蒼とした茂みで、
何が出てもおかしくない鳥肌が立つ程の、殷々とした雰囲気でした。

「あっ!!」

その茂みの中にあったのです。

巨大な平たい岩が。。。

その岩の隣りには解説が書かれた掲示板がありまして、
それを読んだ瞬間に、全速ダッシュでその場を離れたのでした。。。

その後は、二度とその場に近づくコトはありませんでした。。。


(そして、話は先週に戻り...)

高輪アポと田町アポの間に小時間ほど時間がありましたので、
20年振りにその地を訪れました。。。。

三田ツインビル.JPG

鬱蒼とした茂みは、整備されていました。

たしか、此処にあった筈なんですが...

たしか此処に・・・.JPG

どうやら、場所が移動した模様です。

碑遠くに.JPG

近づきますと...

碑1.JPG

記憶が蘇りました。。。

碑.JPG

「元和のキリシタン殉教碑」

碑3.JPG

この地において..

1623(元和9)年12月4日、イエズス会のデ・アンジェリス神父、
フランシスコ会のガルベス神父、ジョアン原主水をはじめとする
50人が火刑によって殉教しました。。。

詳しくはコチラを >>>
http://www.pauline.or.jp/kirishitanland/20080508_fudanotuji.php


黙祷して、此処を後にしました。。。


posted by ミズミズ at 00:05| Comment(0) | 本日の訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。