2008年12月18日

12/17の繊研新聞より

12/18(木) "着火剤"始動!!

(12/17の繊研新聞に)
[日本モデリスト協会]運営委員でもある、アンティフリーズ社長/
岩井正博氏が、先日の[東京ファッション産業機器展(FISMA)]で
講演した、特別セミナーの記事が掲載されていました。

081217_1151~岩井氏.jpg

当日残念ながら間に合わず、拝聴するコトが出来なかったのですが、
記事を読む限り、以前[日本モデリスト協会]第6回技術研修会で講演された内容と、
ほぼ同様のようでした。

「経年変化しない日本の服作りを守りたい」

・同一パターンでも、アイロン処理(手の掛け方)によって、
経年変化しない(逆に変化してしまう)服が作られる。
・衰退する国内縫製の惨状、技術の喪失。
・中国での技術レベル向上、"日本の品質"に対する脅威。
・パターンと縫製のマッチング。
・SCM(サプライチェーンマネジメント)の構築。
※直近のセミナーでも、重要課題でした。

詳しくは、日本モデリスト協会/第6回技術研修会の講演内容を収録したDVD
是非ご購入下さい。
協会HPよりお買い求めいただけます。

糸偏関係者は、絶対に観るべきです!!。

【追伸】
文中のAの縫製を採用している数少ない工場とは...
松ノ木の師匠のコトです!!。
な訳で、幸いにも実際のA.B.C作品を見るコトが出来ましたし、
作成過程の詳細なデータを見るコトが出来ました♪。

工場に足を運びましょう!!


posted by ミズミズ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本モデリスト協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。