2009年01月05日

誉田哲也[ヒトリシズカ]

1/5(月)  仕事初め〜一気にフルスロットル!!

2008年、読破1作目は...

誉田哲也さんの[ヒトリシズカ]でした。

5つの殺人事件。果たして刑事は真実を見たのか?
果たして女は幸せだったのか?

木を見て森を見ず――。
細部に注意しすぎ、肝心の全体を見失うことのたとえで、事件捜査において、
最も避けなければならないことである。この小説に登場する刑事は皆、
これを徹底し犯人を逮捕していく。だが、彼らは気づかなかった。
その森が想像以上に大きく深いということに……

今、注目を浴びる著者の連作警察小説。

(帯より引用...)

[読後感]
一話目を読み終えたとき、短編小説かと思いました。
でもこれは短編ではなくて、次々と起こる5つの殺人事件がリンクする
連作小説だったのです。
久しぶりにダークな世界に浸りました。
この人の前作は...[武士道セブンティーン]だったのですが。。。
あまりにも両極端すぎますが、どちらも好きです♪。


ラベル:読書 誉田哲也
posted by ミズミズ at 00:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2011年04月09日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ヒトリシズカ」誉田哲也
Excerpt: 木を見て森を見ず――。細部に注意しすぎ、肝心の全体を見失うことのたとえで、事件捜査において、最も避けなければならないことである。この小説に登場する刑事は皆、これを徹底し犯人を逮捕していく。だが、彼....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2011-04-09 02:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。