2009年05月24日

誉田哲也[ジウT、U、V / 三部作]

5/24(日)    久しぶりに今日はゆっくりしよう

私のお気に入りの作家の一人である誉田哲也さんは、
衝撃の警察小説[ストロベリーナイト]で出会いました。

それ以降は全作品を読破していますが、前記作品以前で評価の高い
[ジウ/三部作]を、なかなか読む機会がありませんでした。

(先日...)
近くの古本市場に行った際に、[ジウT,U]の文庫本を発見☆★☆。
速攻購入して〜即読破しました!!。
その後[ジウV]を古本屋を回って探しましたが、どこにも見当たらず(;_;)、
やっとのコト大型書店で文庫本を見つけ購入しました♪。

[ジウT/警視庁特殊犯捜査係【SIT】]

090521_1603~ジウT.jpg

[ジウU/警視庁特殊急襲部隊【SAT】]

090521_1604~ジウU.jpg

[ジウV/新世界秩序]

090521_1604~ジウV.jpg

【読後感(ネタバレあり)】

サブタイトルで分かるように、ストーリーは2人の女性警察官
門倉美咲と伊崎基子の軸と、ジウとミヤジの軸を中心に複雑に捻れながら
大きく展開していきます。

[ジウT]では、続発する誘拐事件の影にジウが見え隠れ、
[ジウU]では、ミヤジが語るおぞましい生い立ちで闇の広がりを見せ、
最後の[ジウV]で、"新世界秩序"の全貌が驚きの形で明らかになる。

ラストに待っている衝撃の事実の数々...

一気に読み終える面白さがあります。

それにしても、ラストのジウは切ない。。。



ラベル:誉田哲也 読書 SAT SIT
posted by ミズミズ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。