2009年10月01日

誉田哲也[ハング]

10/1(木)    もう10月ですよ

先日購入した誉田哲也さんの新作「ハング」を、実は相当前に
読破していましたが、なかなか書く隙間がなくて今回まで
延び延びになってしまいました。
(情報は鮮度が命なのですが。。。)

今回の作品は、間違いなく人が死にます。それも大勢。
これは作品を中傷(あるいは嘲笑)するのではなく、
誉田ファンならば誰もが思う、あの「武士道シリーズ」の
ギャップです。

「ジウ3部作」や、「ストロベリーナイト」から始まる姫川玲子シリーズ
といった代表的な警察小説が誉田さんの真骨頂だと思っているので、
この「ハング」の滑り出しの長閑な情景描写も、思い込みとは大したもので
その後におそらく展開されるであろう凄惨な場面を、すでに暗示している
かのように感じてしまいました。

このタイトルとなった「ハング」。
どことなく伊坂幸太郎の「グラスホッパー」に登場する"鯨"を
連想するのは、私だけではないと思います。




posted by ミズミズ at 04:19| Comment(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。