2010年01月05日

親友からの年賀メールで奮起

1/5(火)    U

今年も親友から[年賀メール]が届きました・・・

彼は、R時代に同じ釜の飯を食っていました。
その彼は昨年・・・
「漢検の息子」として大きなバッシングを浴びました。

心配で何度かメールをしました。
「R事件の時といい、滅多に出来ない体験だね」と。
「この広告効果は何億にもなるぞ」と。
「TVで見たけれど、ちょっと太ったんじゃない?」と。

出所後もすぐにメールが届きました。

毎年、彼は自作の年始ムービーを送ってくれていました。
それはもう・・・たいそう立派な内容です。
そのムービーを観て、毎年励まされたものでした。

そして、今年も無事にムービーが届いたのです。

「引き剥がされ、叩きつけられて・・・、でも未来を見ることができるようになった。」
(一部引用します)

ホッとしました。
想像出来ないくらいの過酷な状況に追いやられた彼も、
逞しくまた羽ばたこうとしています。


ワタシの本音を伝えた返信にも、このような文章が添えられました。

「道に迷ったときは、天を仰ぎ見るか、来た道を戻るか、
いまの道を正しいと信じて進むことだ」

こんなところで立ち止まっている場合ではありません。。。

感謝


posted by ミズミズ at 02:16| Comment(0) | 友人・仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。