2010年03月06日

芯接着試験

3/6(土)    桜咲いていました


唐突ですが...

"モアレ"が発生しました。

シルクサテンの生地に、全面芯をローラー式接着プレス機で接着する際に
よく起きる症状なのですが、接着後に生地にクッキリと横段が出るコトを、
"モアレ"と言います。

この言葉は、いろいろな場面で使用されますが、繊維におきましては
このようなシルク系生地の、横糸と縦糸の関係に起因して、
熱収縮により紋様が発生する現象のコトを指します。


芯地に記載している接着条件は...
温度: 130度
圧力: 1kg/u
速度: 7秒

100303_0922~0001.jpg

この条件下で、
対処法[1]
離けい紙に挟んで縦方向でプレス機に入れる。

100303_0933~縦入れ.jpg

すると、このような横段がクッキリ出ます。

次に
対処法[2]
同じく離けい紙に挟んで、横方向に入れる。

100303_0933~横入れ.jpg

縦方向に入れた時よりは、横段が薄くはなりましが発生します。

続いて
対処法[3]
接着条件を
温度: 110度
圧力: オープン(0)
速度: 7秒(そのまま)
に変更して、横入れします。

100303_0934~正常.jpg

モアレの発生は、解消されました。



※芯接着後に生地をバイヤス方向に引っ張って、剥離しないか確かめます。

手前から
縦入れ→横入れ→接着条件変更 となります。

100303_0935~縦~横~正常.jpg

これでも解消しない場合は...

平プレス機で対応しますが、弊社は既にその機械を有していませんので、
最終手段としては都内某所にある"巨大な平プレス機"をお借りします。


何をするにも、細かい配慮・工夫が必要です。

ご参考までに。。。
ラベル:モアレ
posted by ミズミズ at 06:24| Comment(0) | 技術研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。