2010年04月13日

誉田哲也[主よ、永遠の休息を]

4/13(火)    花"底冷え"っつう感じ


先日衝動買いしたうちの1冊...

誉田哲也の[主よ、永遠の休息を]を読破しました。


お家芸の警察小説と同じストーリー展開ですが、
今回は[新聞記者]というある意味"外部"という視点で、
今までとは異なった展開を見せました。

しかし...

このネタは身に詰まされて、後味は決して良いものでは
ありませんでした。。。

このへんで・・・



ラベル:誉田哲也
posted by ミズミズ at 00:00| Comment(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。