2010年04月18日

日本モデリスト協会/2010年度総会・講演会

4/18(日)    まったりと...

(昨日...)

文化学園にて

100417_1548~0001.jpg

日本モデリスト協会/2001年度総会・講演会」

に出席しました。

100417_1550~0001.jpg

講演会は

経済産業省 商務情報政策局 サービス政策局 課長 で
前製造産業局 繊維課 課長 の
間宮 淑夫氏による

「繊維・ファッション産業とモデリストの役割」

です。

100417_1557~0001.jpg


講演内容を簡単に紹介・・・

【リーマンショック】

・世界同時不況
・全業種不況
・新興国台頭の中での不況

オイルショックと同じように、世界の土台が変わる(構造変化)。

◆人々の価値観が多様化
[安くて良い]から売れる訳ではない。[地球環境・安全安心]に価値観を見出す。
→ビジネスチャンス

◆日本は企業立国
鉱工業生産指数が回復

・企業の内訳
自動車・家電は9割まで回復、繊維・化学は7割まで

・売れているもの
輸出産業(外需)が回復、繊維ファッション(内需)は遅れる

・ヨーロッパは回復遅れる[ギリシャ問題]
氷山の一角
不動産バブルが弾ける
南ヨーロッパ(スペイン・イタリア)金融機関から流入

・産業によっても勝ち組、負け組が顕著に分かれる。

・ファストファッションは、新たなカテゴリーとして定着。但し100%にはならない。


◆元来、繊維ファッション産業は多様化されている。

経産省HP
繊維ビジョン(5年に1度)川上→川中へ
H.19にファッションという言葉が登場。

1.現状
2.ポテンシャル
3.アクション
4.国のサポート
5.[繊維ファッション産業がこれからの日本を変える]


1.これからの時代に対応
・日本の近代産業で、最も歴史がある(産業としての経験)
他産業は初めての落ち込みを経験
繊維産業も多様化している
経験を基に、技術を他産業に活かす
リーディングインダストリー

2.水処理技術(地球環境、安全安心)...繊維産業が大きく貢献

3.地方の産地

4.初めて衣料ファッションと産業素材に2分類
感性を形にする

・ばらまき支援を止める
・消費者ニーズ(需要に合致した供給)になっていない。


最後に...

根拠のない悲観に陥らないように

(講演会後、懇親会へ...)

いつもの面々と、楽しい一時を。。。

100417_1815~0001.jpg


懇親会後は、恒例の2次会でまたまた熱い話を。。。


posted by ミズミズ at 08:31| Comment(0) | 日本モデリスト協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。