2010年09月07日

クチュールの奥深い縫製技術

9/7(火)    アブソルート君、ピットイン


(先日の話...)

弊社においては取り扱いが初めての素材。

かなり難しい素材です。

素材対応に苦慮しましたが、

どうしても対処出来ない問題が多発しました。

(そこで...)

K講師とS師匠に相談しました。。。

聞かされたのが、驚くべきクチュールの縫製技術!!。

縫製技術というよりも、素材の取り扱いでした。

「冷凍庫?!」などなど...

理論は理解出来ましたが、果たしてプレタ(量産)に転化出来るのだろうか。

(ただ言えるコトは...)

引き出しは、多いに越したことはない。





posted by ミズミズ at 00:09| Comment(0) | 社長のひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。