2010年10月23日

百田尚樹[永遠の0ゼロ]

10/23(土)    書き綴るにつれ...


久しぶりに、悲しく泣ける小説に出会いました。


百田尚樹[永遠の0ゼロ]


__.PNG

2006年に刊行されていますので、既読の方も多いと思います。

0ゼロとは...

太平洋戦争初期(正確には中国戦線時より)に空を制覇した、
日本海軍航空隊の零式艦上戦闘機のコトです。

太平洋戦争の終戦直前までの零戦の活躍と終焉を、
一人のパイロットを通じて史実に忠実に描いています。


「特攻隊ってテロリストらしいわよ」


[第一章/亡霊]に登場する会話ですが、特攻隊が9.11テロと
同等に扱われているコトに、驚きを隠せませんでした。
読み進めるにつれ、驚きは悲しみ、そして怒りに変わっていきましたが。。。

この時代の史実に多少詳しいので、プロローグに登場する
[近接(VT)信管]などから、作者の緻密な構成力を感じとりました。
同時に、米国との歴然たる工業力の差を書き表すコトで、
太平洋戦争が如何に無謀な戦争であったか...を伝えきりました。


知らなかった事実が一つありました。

・真珠湾第三次攻撃
・珊瑚海海戦
・第一次ソロモン海戦
・レイテ海戦
太平洋戦争の数々の「if(もしあの時...だったら)」が、
全て将の名のつく作戦司令官の成果主義、点数主義だったコトを。。。

作者の警鐘は、この時代の史実だけでなく未だに根強く残る、
[官僚主導主義]の批判へと繋がっています。


中国への対応など、場当たり的で責任の所在をなすりつける姿を見るにつけ、
「一体、日本の国をどこに持って行こうとしているのか...」

話は、読後感から逸れました。


「霞ヶ関の作戦参謀の皆様、国内縫製業界というポジションは...
消耗品ですか?。それとも備品ですか?。
繊維業界を再生するポイントは、そんなに低いんですか?」

更に大きく逸れました。。。


posted by ミズミズ at 00:39| Comment(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。