2007年01月25日

[使命と魂のリミット]

1/26(木)  天気晴朗なれど北風強し


一昨日から久しぶりに本を読む時間が出来まして、買ったまま
飾られていた一冊を読みました。
東野圭吾の新刊[使命と魂のリミット]です。

前作[赤い指]の読後感もブログで触れましたが、今作品の読後感
を一言で言うと...
「東野圭吾さんも優しくなったな」という感想でした。
前作品ではラスト[一部救われる]、
今作品ではラスト[全面的に救われる]...
[救われる]とは読み終えたボクの読後感ですが。
東野ファンには評価が分かれるかも知れませんが、結構好きです。
しかし東野圭吾さんは、なんでこんなに医療ジャンルが(も)
得意なんでしょう。


明日からは、難解と評判の恩田陸さん新刊[中庭の出来事]に突入。
この恩田ワールドは、滅多にない二度読みになるな...。



万事[真剣勝負の本物]に出会う為に。


posted by ミズミズ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。