2007年02月04日

「中庭の出来事」

2/4(日) 快晴&寒風強し


恩田陸の「中庭の出来事」をやっと読破しました。

前作「チョコレートコスモス」と同様にジャンルは[演劇]ですが、
全く別物でして、前評判通りのさらに進化した「恩田ワールド」でした。
今作品の評価は、思いっきりり二分されているようですが、
個人的には楽しく読めました。
登場人物が少なく展開もそう多くはないんですが、それぞれの事象を、
その少ない登場人物の台詞を用いて様々な角度から表現しています。
但し読後感としては、RPGゲームをなんとかクリアしたものの、
これから各パートに戻ってゆっくりと味わおうかな...
しかも各パート毎に付箋を貼って、ストーリーの繋がりを確かめながら...
という感想でした。
実験的要素が多分にあるようですが、一つの物語にこのような
客観的視点(切り口)を取り入れるとこのような膨らみが生まれるのですね。

斜め読みのボクが、滅多にない二度読みに入ります。
またしばらく楽しめそうです。


posted by ミズミズ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。