2007年03月25日

大感動の予選突破!!

3/25(日) 小雨オパラつきますが暖かい日中です。


本日は
「第20回 近代柔道杯」
〜全国中学生柔道大会〜
です。

初日の今日は予選リーグで、明日が決勝トーナメントとなり
全国より234チーム、そして海外から5チームの約2000人が
東京都足立区の「東京武道館」に集結しました。

我らが「文京一中」は第一試合会場で試合に臨みます。

_t.jpg

試合会場.jpg

予選第一試合は、5-0のオール一本勝ちであっという間に
終わりました。

予選第二試合は、大阪の強豪校[上宮中学]と決勝トーナメント
進出をかけての大一番です。

?{.jpg

先鋒> 残念ながら一本負け。
次鋒> 見事一本勝ち。
中堅> 続けてキレイに一本勝ち。
副将> 体重差を跳ね返して善戦するもポイント
奪えず、惜しくも引き分け。
大将> あっという間に秒殺されて一本負け。

<結果>
2-2の内容もイーブン。しかも初戦は、両校共に5-0の
オール一本勝ちで、全ての内容が同じという非常に
珍しい結果に。
協議の末、両校代表を選出しての代表戦で勝敗を決める事
となりました。

相手は、身長183cm体重130kgの超重量級の大将。
我が[文一]はポイントゲッター「菊地 秀君」の登場。
しかし身長差18cm、体重差なんと60kgもあるではないか。
文一のエースと言えどもこの体格差を跳ね返す事が出来るか!!。
みんなの期待を一身に背負って試合開始。

代表戦.jpg

「うまい!」
相手に引き手を取らせず、果敢な試合運びで主導権を握ったぞ。
消極的試合運びで相手に2回[指導]が入る。
「いいぞ」
ラスト30秒、もうドキドキしながらそのまま試合が終了する事を祈るばかり。
「試合終了」
一同拍手。旗判定になったものの、すでに勝敗は見えている。
結果3-0の判定勝ち。

見事決勝トーナメント進出!!。

もうみんなウルウルですわ。


明日も頑張れ!!「文京一中」

I.jpg


「追伸」
各国の選抜チームは、本当に中学生か!!と思うくらいに
デカかった。
フランスチームには髭を生やした選手までいましたわ。








posted by ミズミズ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族(柔道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。