2007年08月14日

誉田哲也「武士道シックスティーン」

8/14(火) 炎天下の中、頑張って芝刈りします

誉田哲也さんの新刊「武士道シックスティーン」を読破しました。


最初に言います。

お勧めです!!。

一気に読み終えました。
不覚にも涙を浮かべてしまいました。

正反対・対称的な2人の主人公が登場してすぐに、
物語の結末は見えて来ますが、そこに向けての2人の
関係・取り巻く環境の変化にワクワクしながら進みます。
そして、終わらない結末(続く未来)...

この作家は、前作「ソウルケイジ」に書いた作家と
同一人物なのでしょうか?(唯一、父親が警察繋がり)。

イイ♪
今年度のマイランキングの、ベスト3に飛び込みました。


ラベル:誉田哲也 小説
posted by ミズミズ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。