2008年01月13日

デザビレさん訪問♪

1/13(日) 曇り、風強くさぶっ!!

[本日10:00の血圧 128mmHg/76mmHg...下も下がり↓ニッコリ]

(昨日)
1/17(水)に講演予定のデザビレさんを訪問しました。
大江戸線&つくばエキスプレスA4出口を出てすぐ、台東区小島小学校跡に
デザビレさんは居を構えています。

校舎の面影.jpg

現地にて、二友会の今回ツインスピーカーを務める石倉くんと白石さんと
待ち合わせをして、合流後にデザビレ鈴木村長さんの案内で[交流サロン]に通されました。
(交流サロンは、旧給食室だそうです。)

交流サロン@.jpg

村長さんと4人で、講演の組み立てなどをブレストします。

元給食室.jpg

まずは村長さんから、デザビレさん設立の背景&現状が説明されました。。。

[台東デザイナーズビレッジ]さんは、台東区で閉校になった10校ののうちの
1校の活用として、平成16年4月に旧小島小学校の校舎に設立されました。
従来の閉校利用は、他校舎改築時の施設利用やフリースクールなどが主でしたが、
台東区はもともとシューズ、バッグ、帽子、アクセサリーなどのファッション関連が
地場産業として発展してきた背景があり、国内初のファッション関連ビジネスを
対称とした創業支援施設として、ファッション業界の未来を造り出す「デザイナー」
を育て、地元のファッション関連業界をサポートするために設立されました。
(一部デザビレさんのパンフレットを流用しています。)

創業5年以内のデザイナーが対象となり、居住期間は3年となります。
入居時に目標設定し、その目標に到達出来ないと2年で追い出されるとのコト。
使用料は公益費を加えても周辺の相場の1/3だそうです!!。
しかもこちらは他の支援施設とは異なり、旧教室を利用した広々とした
スペースと、贅沢な共有スペースを利用が可能☆★という恵まれた条件故に、
毎回入居審査には多数の応募が殺到していまして、前回締め切ったの最終審査では
9倍の狭き門になったそうです。

続けて講演参加者リストを頂き、講演内容の組み立てに入りました。。。
いろいろと話しをしましたが、結論として落ち着くところは...

「お互い同じスタンスに立って

気持ちが一つになれば服作りは出来る!!」


というコトです。

送り手側も作り手側も大手アパレルの現在の手法は用いずに、新たな取り組みを
両者で模索し、じっくり考え、お客様に喜ばれる服作りをするコトが、
これからの国内〜そして海外に発信するアパレルのスタイルになるでしょう。

(結論に達したところで...)
村長さんに施設を案内していただきました。

校舎の名残@.jpg

懐かしい空間です♪。

資材室

資材室看板.jpg

資材室.jpg

製作室

制作室看板.jpg

制作室.jpg

【図書室】

図書室看板.jpg

図書室.jpg

都心にありながら、なんとまぁ贅沢な空間だコト!!。
しかしとても重要な施設です。
近い将来、第2のデザビレさんが設立される計画もすでに立案されているとか。

この施設をお借りして、1/17(木)に講演を行います。
場所は会議室。元は併設された幼稚園の教室だったところです。
(写真を撮り撮り忘れました!!)


乞うご期待♪

校舎の名残A.jpg


posted by ミズミズ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。