2008年01月21日

藤原伊織[名残り火-てのひらの闇U]

1/21(月)  曇り...東京はもう雪は降らないですかね。

[本日の血圧 127mmHg/84mmHg...普通です]

実は先週に読み終えていましたが、講演やら何やらでバタバタしていまして
[読後感]をアップ出来ませんでした。

故藤原伊織さんの最後の新刊となりました[名残り火-てのひらの闇U]です。

サブタイトルにもありますが、名作[てのひらの闇]の続編です。
主人公/堀江雅之の退職後、親友でもあり元同僚の柿島隆志の突然の訃報から
物語は始まります。
親友の死の真相を確かめるべく、前作通りの行動をとる堀江。そして前作登場の
キャストを巻き込んで次々と真実を暴き、業界の闇を掘り起こしていく
期待を裏切らない作品です。

推敲途中で亡くなられたそうですが、[雑さ]は特に感じられませんでした。
ただ、この人物達にもう会えないコトが残念でなりません。

堀江と大原の恋の行方は...みなさんの想像通りでしょう。。。

お勧めです。



ラベル:小説 藤原伊織
posted by ミズミズ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。