2008年02月02日

マンションの結露対策

2/2(土) 早朝

[本日6:00の血圧 116mmHg/76mmHg...普通の人みたい]

マンションに住んで早15年。
毎年冬になると、窓の結露に悩まされ続けています。
ペアガラスならば問題解決になるのでしょうが、残念ながら
そのような装備はありません。
よくホームセンターで市販されている[結露シート]などを
使用していましたが...
とある時に、施工の業者さんとお話しする機会がありまして、
その悩みを相談しましたところ...
[結露シート]は、水分を多く含んでしまい結果的には良くない
という回答でした。
そこで言われた結露対策が、「換気」です。

当たり前の事ですが、マンションのような高密閉住宅ですと空気循環が
ほとんど行われず、どうしても湿度が上がり結果、結露が発生するのです。

「では、どのように換気すれば良いのですか?」
それは...
@各部屋の壁に付いている[換気孔]を全開にする。

換気孔.jpg

A日中は、各部屋の扉を開けてトイレの換気扇を点けっ放しにする。
※1)キッチンの換気扇ですと、酷使して壊れた時に大変な出費になるとか。
※2)就寝時にコレをやると、想像以上に風の動きがありかなり寒いです
(経験値)

B窓際に水槽などの水物を置かない。
※)残念ながら我が家には、水槽が置かれています。試しに湿度を計測すると、
他の場所よりもかなり高めでした!!。

C発生した結露はこまめに拭き取る。


毎日実践しています♪。


ラベル:結露
posted by ミズミズ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

梅雨時ガラス面の結露対策をしよう
Excerpt: 梅雨時には窓に湿気を集めてしまうのもひとつの手。 特に北側の窓や大きな開口部などのガラス面は結露しやすい場所ですから、断熱性のあるガラスやサッシを選ぶならベストです。 見えない壁や届かない場所に..
Weblog: 梅雨時の快適生活のための梅雨対策
Tracked: 2008-02-08 17:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。